私が親子を介護するようになって当人を保つのが大変だと実感しました。自分の将来も歩んでいくのが困難のに突如親子の体が不都合になって介護が始まるは凄まじい緊張がかかります。はじめてのこともあるし毎回のオムツ手当はしんどいです。何時何があるかわからないので朝からミッドナイトまで在宅に1第三者誰かいないと悲劇もあるので思いが抜けないだ。親子が多ければ合作もそれなりに見込めるは思いますが、少ない場合は業務って介護で目一杯になって隠し立ての間隔なんて僅か近辺な生活になります。食生活も自分で食べられる場合はいいのですが寝たきりだと食生活もつきっきりだ。料理の方策も柔らかくて栄養素を考えた献立も必要になってくるし、握りこぶしの掛かる実態ばっかり自分に降りかかってきます。年代が高齢になると免疫が落ちるせいか感冒をひき易く、感冒をこじらせたりするので冷房にも気を配っている。別にお風呂の脱衣地は寒いのであらかじめストーブを付けて温かくしてから向かいます。広場がドライしすぎないように加湿箱も使っています。冷房累算って温度累算が付いている目覚ましで数値を気にしています。こういう介護を通じて感じる事は色んな人と合作を通じて支えていかなければ何年も介護なんて出来ないのだなと思いました。活性酸素を取り除くには抗酸化作用が強い成分が有効